とらえようのない不安感を抱えながらも今を生きる蟹座アシュレーシャの満月

2020年2月9日16時34分、蟹座にて満月🌕です。

2020年2月9日16時34分満月図

蟹座の満月、ナクシャトラはアシュレーシャです。
シンボルはドグロを巻いたヘビ、ヘビは欲望や神秘、隠されたもののシンボルです。
物事を深く掘り下げ、本質的なものを追求していくナクシャトラであり、集中力がありますので、我が道を突き進んでいく強さ、障害を乗り越えて目的を達成する力を持つ強くて深いナクシャトラで起きる満月です。

この満月図、両隣にはラーフ以外の惑星が在住しないのでケーマドルマヨガです。
射手座に入室したばかりの力強い火星がアスペクトしており、チャンドラマンガラヨーガです。
同時に対面の山羊座には定座でまたまた力強い土星がアスペクト、二大凶星によって傷ついた満月です。蟹座は月が支配するサインなので定座の満月、恐怖心や猜疑心に苛まれながらも我慢強そうな満月ですね。

新型コロナウイルスの恐怖が蔓延している中、社会不安や集合無意識上での不安、これからどうなるんだろうというとらえようのない不安感が蔓延しているようにも感じられる今日この頃の世相をあらわしているかのごとき満月ですね。

ただ、私たちはそれぞれの場所でやるべきことを淡々とこなしていくことしかできないし、手洗いやうがい、マスクなどで予防していくしかないのでしょうね。

温かくなっていくことで収束していくことを願うばかりです。

この満月図、ラグナも月と同じ蟹座、ますます祈りの力や癒しの波動がクローズアップされてきそうです。

サイデリアル星の動きでは、2月13日に太陽が水瓶座へ、水瓶座運行中の水星は2/17~3/10の間逆行します。

太陽&水星が水瓶座運行し、水星は逆行するということで情報が錯綜してしまいそうな予感もあり、本当のことが隠されているかもしれないけれど、情報ばかりを追うよりは現実を見て、今を力強く生きていくってことが大事だと思います✨

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です