2021年始まりは射手座の新月、理想を掲げていきたい…

2021年1月13日14時、射手座で新月を迎えます。

2021年1月13日新月図

射手座を抜ける直前の新月です。翌14日に太陽は山羊座へ入ります。マカラサンクランティ-です。新月図のナクシャトラはウッタラアーシャダー、シンボルはベッドの板、深い慈愛と人道主義的な思想をあらわします。従順、素直、徳が高く、感謝の気持ちを持ち、多くの人に好かれる善良な質を持ちます。高尚な目的、真実へと向かう意志、明朗さ、永続性や耐久力を備えたナクシャトラです。新たな始まりを象徴し、目標に向かって努力を積み重ねていく原動力になりそうな新月図、2021年の幕開けです。

この新月図には金星がコンジャンクトしているだけで凶星の影響はないですね。ラーフ‐ケートゥを除くすべての星が順行でもありますが、ラーフ‐ケートゥ軸の内側に惑星が集中しているという偏りはありますね。

激動が始まる前の静けさのような…コロナ禍も首都圏、関西では緊急事態宣言下ですし、この冬は正念場でしょうね。アメリカの動向も気になります。様々な方から危機を知らせるメールをいただくのですが、今後に向けて世界的な危機が迫ってきているはずなのですが…、緊急事態中といえ結構街中には人が出ているので、前回に比べて危機感が薄れているのかなって感じるところ。一方、世界情勢は一段と不透明になってきているようで…備えを充分に、危機管理をしておいたほうが良さそうですね。

従順で素直、善良なだけじゃダメな時代に突入しているのでしょうね。まるで古き日本人の美徳のような意味合いのナクシャトラですが、そんなんじゃ生き残れない、餌食になるだけ…というような話も聞きます。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です