ケートゥ期⑥の落とし穴

ケートゥ期は、ニュートラルな思考が阻害される時、と感じ入ることがあります。

先日のダシャーを味わう会~ケートゥ期編~で話したのですが、私の経験談として、落とし穴に落ちそうになる…みたいなことがあります。

ただ、落とし穴に落ちてしまわないってことはきっと守られているんだろうなって思っています。

密教やタントラなど一歩間違えば妖しい世界へまっしぐらなものに魅かれてしまうのが私のケートゥ期なんですね。というのも、8室絡みゆえ…

今日、チベット仏教などの学びをされてきた方に色々お話し伺って、やはり危うい世界なんだなってことを再認識しました。

精神世界の中でも簡単に足を踏み入れることができない世界、それが密教の世界であり、タントラの世界、深淵で人を寄せ付けないような孤高の存在のような…

ただ、それはタントラの名を借りた妖しい世界への入り口である可能性を秘めており、一歩足を踏み入れると危ないいばらの道なのかもしれない。

そういったものに足元掬われそうになった、アンタラケートゥ期。

きちんとした師に導かれないと踏み込んではいけない世界であり、導いてくれる師がいないとおかしな方向へと行ってしまう可能性が否定できないという世界。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です