インド占星術による宝石処方に関して

インド占星術による宝石処方を希望される方もいらっしゃいますので、私の宝石処方についてのスタンスを記載しておきます。

古典にはインド占星術の処方としての宝石に関しては記載されていないので、ラオ先生のグループでは宝石処方は推奨してないですね。推奨しないだけではなく、インドではインド占星術師とつるんだ宝石商が売りたい宝石をインド占星術師に処方させて、市場価格よりも高額でお客さんに売りつけるというような使い方がされているという背景もあってどちらかというと否定的なスタンスです。

私は自分自身でもインド占星術で処方した宝石をしっかり身に着けているということもあり、一応肯定派ですね、積極的におススメするというわけではないですが、自分に合わない宝石を身に着けるよりは自身を守護してくれる宝石を身に着けた方がいいと思っているので、鑑定の際にはいつもつけていますし、日常的にもつけていますね。

こちらは、私のイエローサファイヤとムーンストーン、神楽坂の宝石屋さんアトリエガルの翠さんに作ってもらいました。こちら

イエローサファイヤ&ムーンストーン

簡単な処方なのですが、ラグナロード、5室支配星、9室支配星という機能的吉星に対応した宝石を処方しています。

ただし、火星:赤サンゴ、土星:ブルーサファイヤ、は機能的吉星だったとしてもおススメしないようにしています。火星の攻撃性や土星の試練や遅延を強めることになるのは良くないと思うので。

インドやスリランカで宝石処方してもらった方は、ブルーサファイヤを勧められたり、赤サンゴを進められたりしているみたいですが、上記の理由により、これは避けた方がいいと私は思っています。

となると、結構幅は狭いです。

木星:イエローサファイヤ
月:ムーンストーン、真珠
太陽:ルビー
金星:ダイヤモンド
水星:エメラルド

このいずれかです、そしてもし宝石が難しいようでしたら各色に対応したパワーストーンで代用します。

私も婚約指輪はダイヤモンドだったのですが、私にとってはダイヤよりイエローサファイヤの方がいいのでこっちにしています。婚約時にこういったことを知っていたら、ダイヤじゃなくってイエローサファイヤで良かったなって思うので、もしこれから結婚される方がいらっしゃったら、せっかくだし、ご自分を守ってくれる宝石を選んだ方がいいんじゃないかなって思うのです。

そういう経緯もあって聞かれたら宝石処方もしますよ♪。あなたにとってのおススメの宝石が知りたい方はお気軽にお問い合わせくださいね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です