魂の成熟の度合いがインド占星術で分かりますか?

表題の件、そのまま聞かれたわけではないのですが、お客さまより魂が成熟している、もしくは未熟であるというような分類があるということをお伺いし、私の魂はどのレベルでしょうかといった質問を受けたのですが、そういうことって確かにインド占星術で分かりそうでもあるなぁと思ったのでした。

ダルマ、アルタ、カーマ、モクシャで鑑みると…
カーマVSモクシャでいくとカーマ<モクシャであり、モクシャの方が魂の成熟度は高そう。
アルタVSモクシャでいっても、アルタ<モクシャであり、魂的にはモクシャに軍配が上がりそう。
ダルマVSモクシャでいっても、ダルマ<モクシャであろうかと思われる、ダルマはこれから学んで成熟に向かっていくってわけですからね、成熟して解脱に向かおうとしている魂と比べると若いですよね。

カーストで見ていくと、
バラモン→僧侶・司祭階級、
クシャトリア→兵士・王族階級、
ヴァイシャ→商人・平民階級、
シュードラ→奴隷階級となります。
これだとバラモンですね。

火地風水の四元素で観ていくと
火のサイン→情熱的
地のサイン→現実的
風のサイン→知的
水のサイン→感情的
この分類では水のサインがもっとも成熟度が高そう。

ナクシャトラの分類でも神、人間、阿修羅という区分がありますが、この神に分類されるナクシャトラに月が在住していると魂の成熟度は高そう。

サットヴァな星である太陽、月、木星が強いというのも魂は成熟していそうですね。

というように色んな指標があり、インド占星術で観て色んな角度から魂レベルを測ることが出来そうです。

占星術師のなかには「あなたの魂の成熟度合いは…」などと言う人もいるようですが、占星術師が魂の成熟を必要とする仕事かというとそうでもないといいますか、現実世界と精神世界の橋渡し的な役目をする感じですので、成熟しきっているところまでは必要ないかも…というのが私の見解です。

shiva nataraja figurine surrounded by lighted tealights
Photo by Elina Sazonova on Pexels.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です