知性が際立つ力強い歩みを、乙女座の新月

2020年9月17日20時01分、乙女座で新月です。

2020年8月19日新月図

乙女座に入ったばかりの新月です。ナクシャトラはウッタラパールグニ―、グループ活動、仲間意識、人助け、寛大、深い愛情といった意味合いを持つナクシャトラ、人を癒したい、助けたいという慈悲の心にあふれている反面、果実を皆と分かち合い、ともに楽しみ、繁栄を享受するという快楽主義的な側面を併せ持つナクシャトラです。

ウッタラパールグニ―の支配星は太陽、ちょうど乙女座に入ったばかりの太陽とコンジャンクトする月であり、乙女座運行中の水星とも絡むため、生真面目さや知性が感じられる新月です。昨日16日に菅内閣が発足しましたが、まさに現実路線一直線、踏襲政権といった様相が乙女座水星的ですね。

牡羊座を運行中の逆行火星と射手座運行中の木星がトラインとなり、引き続き火のサインは活性化していますね。知のサインの新月には水星、土星がやはりトラインで絡みます。

木星は13日に順行に戻り、いよいよ9月20日にはラーフ‐ケートゥ軸が移動します。双子座-射手座の軸から牡牛座-蠍座の軸ですね。双子座ラグナさん、射手座ラグナさん、お疲れさまでした!このあたりにポイントがある方からはいいダシャーなのに…って話をいくつか聞きました。

双子座のグルチャンダラが解消するということでもありますので、年末にかけて色んなことが現実的なところに着地していくような気がします。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です