ゆるやかに縮小していきそうな牡牛座の満月、半影月食

2020年11月30日18時30分、牡牛座で満月です。

2020年11月30日満月図

ラーフ‐ケートゥ軸に重なるため月食、半影月食です。半影月食とは、月が地球の淡い影に入り込むことを指し、月の光がほんの少しだけ弱く感じる現象です。

ナクシャトラはローヒニー、象徴は荷馬車、牛と乗り物であり、支配神は創造神であるブラフマー、豊かさや快適さを象徴し、豊かな感性や芸術的な才能を持つナクシャトラです。ローヒニーの支配星は月であり、牡牛座の支配星は金星であり、女性的な様相が強い満月ですね。アセンダント、金星以外が女性サインです。月から見て6室金星、7室水星となり、月には水星、木星がアスペクトし、優しい月って感じです。

ただ、木星は減衰のポイントに入っており、土星の影響もあり弱体化していますので、現実的な力は弱まってきています。経済や雇用など社会情勢的には縮小していく、減速していく流れがきそうな印象ですね。Go To TravelやGo To Eatもいったんお休みで、コロナの収束を待つというところで、年末だけど華やかな感じはないですね。

12月15日は、蠍座ジェーシュターにて新月、日食ですので、年末にかけて気を引き締めて行きたいところです。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です