インド占星術鑑定後のご報告⑤

2020年11月に鑑定させていただいたAさまよりその後のご報告をいただきました。

長年お世話になっている方からのご紹介という流れでいらしてくださったAさま、仕事へ向かう勢いが感じられる時でした。鑑定後に下記のような感想をくださいました。

「今、ようやくやりたい仕事をできるようになったでしょう、という言葉が印象的でした。
自分が巻き込まれながら耐えて責任を果たす星の下に生まれたこと、パートナーシップは安寧とはなり難いこともなんだか納得し、何より子どもたちがそれぞれの強みを持っていることを確認できたことで、あまり迷わずに前進しようと思えるようになりました。」

そして、4月になって、下記のような報告をいただきました。

「4月になり、あの時ご相談させていただいた研究費を獲得することができました。
主研究者として計画したものだけでなく、研究分担者として名前を載せた2つの研究費も全て採択されました。仕事をする時期、という感じです。」

※掲載にあたっては許可をいただいております。

ご自分の持つ才能や特技を活かして仕事へ向かおうとする時、目の前の扉が開くような出来事が訪れたり、何かが終わってしまうなど、目に見えない力が働き、押し出されるように向かわせられるような時期ってあると思います。そんな時は躊躇しないで、その道に進んでいくべきなんじゃないかと思います。

女性の人生って、結婚したら主婦の役目があったり、子どもができたら母親としての役目があったり、親の介護に関わらないといけなかったり、と色んなことを並行して処理していかないといけないことって多いと思うんですね。仕事に邁進できる時期ってほんと、ようやく訪れるというタイミングだったりします。

新たなダシャーが始まるというタイミング、使命を果たすべく邁進していってほしいなって思ったのでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です