インスピレーションが高まりそうな蠍座の満月月食です!

2021年5月26日20時14分、蠍座で満月を迎えます。

2021年5月26日満月図

蠍座の満月ですが、ラーフ‐ケートゥ軸にかかるため月食になります。牡牛座トランジット中の金星が絡む満月、月食です。この満月図のナクシャトラはアヌラーダー、シンボルは蓮の花、友愛の神であるミトラ神が支配するナクシャトラです。障害や試練を乗り越える力、忍耐強さを持ち、努力を続けていくことで成功へと導かれていきます。周囲の人たちや仲間のために友愛の情を尽くす献身的な面を持つナクシャトラです。

月は減衰の星座にあり、ケーマドルマで寂しげだけど、定座の金星&水星が対面にきますので吉星に支えられた月ですね。ただ、この満月は月食になりますので、転換期であり、インスピレーションが高まりそうなタイミングです。次の6月10日の新月はまた日食になりますので、この一ヵ月前後は転換期であり、巻き込まれたり、混とんとしたりして落ち着かない時期になりそうです。

5月23日から土星が逆行を開始しました。逆行することで土星は一つ前のサインである射手座からも影響を及ぼしますのでダブルトランジットは、水瓶座、双子座、天秤座になります。風のサインが活性化です!ちょうど水星はこの満月図の日に双子座へ、5月30日から水星は逆行を開始し、6月3日には牡牛座に逆戻りします。金星は5月29日に双子座へ、そして火星は6月2日に蟹座へ移動します。内惑星がお互いに逆転しコミュニケーションを表す水星が逆行することで、逆戻りや足踏みといったことが訪れるかも。

この時期はあまり決断したり大きな決定をしたりはしないほうがいいのではないかと思われますが、さて、どうなることでしょう!?月食日食ですからね。

インド占星術的には月食も日食も不吉とみなしますので、月食の観測などは控えたほうがいいかと思われます。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です