資産運用のあれこれ_検証②

もう40年以上の長きにわたって株式投資を趣味としている私の父のことをインド占星術の観点から考えてみたいと思います。

資産運用のためなのかはどうか分からないのですが、株の現物投資&信用投資をやっており、定年後も趣味の株式投資を続けており、どれぐらい増えているのかは聞いてないですが、私が大学生の頃はかなり儲かっていたようで大学の学費は株で賄ってもらいました。私の娘たちの大学の学費も株の利益で援助してもらったので親子二代に渡って父の株式投資の恩恵を受けていますね。

父の出生時間は分からないので、月の位置で観ると、月は乙女座で変わらずですのでムーンラグナ乙女座として観ていくと、ラグナロードの水星は9室牡牛座で9室支配星金星&5室支配星土星とコンジャンクト、いいダーナヨーガが出来ています。

牡牛座ということで、父の保有株は大手家電メーカーや自動車会社など堅実な会社ばかりだったかと思われます。

そして風のサイン柔軟宮である双子座に木星&太陽が在住、これも株式投資っぽいですね。

アセンダントは分からないけど、太陽&月が柔軟宮ということで、経済の動向やアメリカ株の動向によって揺れ動く株式市場のような世界が好きなのかもしれません。

乙女座の月といえば、調べてみたところ月のナクシャトラはハスタになります。手作業や調整力をあらわすナクシャトラ。パソコンがなかった時には株のチャートを方眼紙に手書きで書いてましたね、日々日経新聞を読み、分析好きで細部にこだわりを持つタイプ、ここまで書いて私は父に似ているのかもしれないな…とふと思いました。

父の影響で私も2000年ぐらいに銀行貯金を→株式投資に移しまして、それ以後株の運用しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です