安定感が感じられる牡牛座ど真ん中の新月

2022年5月30日20時30分、牡牛座で新月を迎えます。

2022年5月30日新月図

2022年5月30日は牡牛座の新月、ナクシャトラはローヒニーです。5月1日の牡羊座新月に続き5月に2回目の新月です。

ローヒニーのシンボルは荷馬車、牛と乗り物であり、支配神は創造神であるブラフマー、豊かさや快適さを象徴し、豊かな感性や芸術的な才能を持つナクシャトラ、純真で信心深く、物事に安定的に、持続的に取り組みますので願望を成就させる力があります。優しくゆったりした気品を持ち、周囲の人たちを癒し、和ませる天賦の才を持ちます。

ローヒニーは月の神様ソーマ神がもっとも愛したナクシャトラだそうです。月は牡牛座で高揚し、ムーラトリコーナでもあります。牡牛座は月にとっては女性らしさ、情的なものを発揮できるサインなのでしょうね。金星&月、どちらも女性の惑星です。そのローヒニーで起きる新月ですので、吉祥な意味合いがありますね。

ただ、逆行する水星が絡む新月ですので、混乱が起きがちではないでしょうか。コンピューター機器の不調やネット関係に問題が生じたり、電車の遅延など、巻き込まれそうな新月図ですね。水星逆行は6月3日までですのでそれまでは時間に余裕を持ってスケジューリングするように心掛けていくといいでしょう。懐かしい人に再会したりするかもしれないですし、あなたかが連絡をとってみるのもいいでしょう。ここのところ再鑑定のご依頼が増えているのは水星逆行のせいかな…

土星は水瓶座に入ったばかりで、ムーラトリコーナですね。D9でも高揚しています。魚座には定座の木星、友好星座の火星です。ただ、この木星&火星は惑星戦争状態ですね。エゴのぶつかり合いを示すコンビネーション、火星との惑星戦争は火星が勝つ、となります。金星は24日に牡羊座に入り、ラーフとコンジャンクトします。金星は土星の影響下にもなり、傷つきますね。恋愛沙汰などに要注意!?

逆行に関しては、6月3日に水星逆行は終わりますが、6月5日からは土星が逆行開始します。土星の逆行は長くて、10月23日まで。この間、7月13日に山羊座に戻ります。まだまだスッキリ感はないですね。食料の値上がりや材木の不足など目に見える形で私たち庶民の日常生活にじわじわと影響が及んできそうです。

次の満月は蠍座です、前回の5月16日の満月に続き同じサインでの満月ですね。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA