土星‐ケートゥ期→土星-金星期へ

私ごとですが、約一年間の土星-ケートゥ期を終え、土星‐金星期に入りました。

土星‐ケートゥ期から、土星‐金星期に変わるタイミングって???って考えて、10月の終わりあたりから11月の始まりにかけてダシャーの流れと自分自身の身の回りのことを日々観察しておりました。

5段階目までのダシャーで観ると、
土星-ケートゥ-水星-土星‐木星から

土星-金星-金星-金星-金星へと変わるわけです。

Sa-Ke→Sa-Ve

日常レベルといえ大きな変わり目ですよね。詳細は控えますが、個性的な人に出逢うことが多くなってきた、珍しい人との会食もあった、オンラインではなくリアルで人とお逢いする機会も多くなっている、GO TO トラベルやGO TO イートに誘われるようなことも…ってことでアンタラダシャーケートゥ期は終わったなぁって実感しています。

そして、日常やこれまでの重要なイベントを検証して、D60を少し修正してみました。これで、今後の日常生活を観察していこうって思えた、これも土星-金星期ならではか!?

実は私のチャートは、母子手帳記載時刻はキリの良い時間で、D1チャートのラグナは変わらないんですけど、5分から10分ぐらいの幅でD9レベルのチャートがほぼ変わるということで、今まではD9やD10での時刻修正はしていたので、D9~D24あたりまでは特定できていたのだけど、D60だけは足を踏み入れていなかったのです。D60は出生時間を2分変えると、ラグナ&月が移動します。2分変えてみて検証していきたいと思っています。

転機と言われる土星-金星期、このダシャーの変化をきっかけにインド占星術の世界を更に探求していくことが出来そうで嬉しいです!

約一年続いた土星-ケートゥ期、辛いこと、我慢しないといけないこと、体調不良などいろいろありました。ただ、インド占星術の世界をより深めることが出来た土星-ケートゥ期です。コロナの影響もあり、オンラインでの講座を始めたり、zoomを使ったインド占星術鑑定にも慣れてきました。夜間の鑑定もお受けできるようになりました。

土星-金星期、観察しつつ検証していきたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です