静かに心の内側に向き合う蟹座の満月

2021年1月29日4時16分、蟹座で満月を迎えます。

2021年1月29日満月図

山羊座ど真ん中の太陽の対面、蟹座の満月です。満月図のナクシャトラはプシャヤ、最も吉祥といわれるナクシャトラです。象徴は牛の乳を絞る女性、支配神は神々の長であるブリハスパティ、忍耐強く人々の話に耳を傾け、困っている人や悩んでいる人に助言を与え、成長を促し、教え導くという質を持つナクシャトラ。「養うこと」「滋養」「育成」がテーマです。2021年最初の満月ということで穏やかで落ち着いた情景が見えてくる感じです。広がる大地と放牧される牛たち、どこまでも続く地平線…といっても真冬ですから、寒さで凍えそうな牛たち、かも。

蟹座満月の対面の山羊座に、木星&金星、お隣の水瓶座に水星ということで吉星からの支援を受けたチャンドラアディヨーガが成立する満月図、土星も火星もアスペクトしており、まだ冬景色といったところでしょうか。月は両隣に惑星がないケーマドルマヨガでもあり、プシャヤの支配星は土星であり、暖かさと緊張感が共存しているかの満月ですね。

2021年始まったと思ったらもう1月も終わろうとしており、緊急事態宣言中ということで、色々なことが滞りがちで、先の見通しが立ちにくく、落ち着かない様相です。静かに自分に向き合う、自分の内側へ意識を向けてみるのにはとてもいいタイミングなのかもしれませんね。蟹座の月ですので、瞑想やヨガ、ヒーリングなど、ご自身の心、内側に意識を向けてしばし呼吸を感じるひと時を持つとしっくりきそうな気がします。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です