清水先生のセミナー2日目

2日目、7日は、アドバンスクラスということで「ジェイミニ占星術」でした。

K.N.ラオ先生のチャートを例題に、時系列に従ってチャラダシャーで時期を確認していきます。チャラダシャーは割と大雑把な流れを観るのに有効なダシャーですが、すごく色んな事柄がきれいに出ていて納得でした。

ラオ先生、チャラダシャーが一回りして、二巡目に入られたのですね。二巡目に迎えるラグナのダシャーは年齢が年齢だけに一巡目とは違った景色が見渡せるのですね。肉体の衰えは致し方がないけれど、成熟した精神で臨む二巡目のダシャーからは、また新たな景色が見渡せているはずです。

ヴィムショッタリダシャーは、全部経験するとなると120年を要しますので、二巡目ってほぼないんですが、チャラダシャーは人によっては二巡目に入ります。

イギリスのエリザベス女王のチャラダシャーもかなり前に二巡目に入っており、ご自身がお子さんを生んだダシャーが再度巡ってきていて、二巡目は曾孫が出来ているというのは興味深い限りです。

話しが逸れてしまいましたが、セミナーではラオ先生のほかにも何名かのサンプルさんでチャラダシャーの流れを確認していきました。

新たな着眼点が見えてきて、チャート分析がますます楽しみになりました。

会場に行く道すがらの紫陽花

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です