2019年度インド占星術初級基礎講座~最終回~

昨日13日は2019年11月から始まったインド占星術初級基礎講座の12回目、最終回なので会場での開催としました。

引き続きコロナ禍のためか、こじんまりした人数での開催となりました。

まとめ、ですので一回目からの復習をしながら重要なポイントを説明いたしました。そして、例題を使ってのポイントの確認、検証。

会場で参加くださった方は講座受講中から周りの方々のチャートを収集して観てらしたので、色んなケースについてお伺い出来て、いっそう学びが深まりました。

学びながら、周囲の人たちで確認し、疑問が出たら質問していくって大事ですね☆彡

日常会話のように「5室で高揚する金星がラーフとコンジャンクトしていて」なんて話からラグナはどこで、金星は何室と何室の支配星でってことが頭の中を駆け巡り、金星は12室支配星だから、外国&外国をあらわすラーフとコンジャンクトしているからダブルで外国、外国でアグレッシブに活躍するというような意味合いが出てくるんだなぁなんて確認していくと印象として頭に残りますね。

日々鑑定していて、現実に目の前にいる人と話しながらチャートとその方の人生が繋がっていっていることを実感しています。たくさんの回路を繋げてきました、この蓄積がインド占星術講座にも活かされています。

また、自分の人生が劇的に変化していく様はチャート通りに歩んでしまっていることでもあり、ダシャーの不思議を感じざるを得ない、ここは自分自身が生きた教科書のようでもあります。

講座終了後、インドカレーを食べました!

若山ゆりこさんが会場受講してくださったので、パンチャンガカレンダー2021年版について打ち合わせしました。図や絵を取り入れてよりビジュアル的に分かりやすくしていけそう(^^♪受講生でコンサルをされている方もいらして、アドバイスいただきました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です