ラグナロードの時期って?

ラグナロードの時期は、幸運期とか、人生において重要な時期とか言われます。1室、5室、9室というトリコーナハウスの支配星であるということから運の後押しが期待できる時期だとも思うのですが、この時期は傷ついている、傷ついていないに関わらずたいへんと感じる方は多いかもしれません。

自分自身をあらわすラグナロードの時期は、のほほんとしてられない、自分のテーマに向き合わざるを得ない、自分を成長させなければならない、逃げられないというように頑張らざるを得ないという感じになるからでしょうか。

それが例えば土星期であったら、山羊座ラグナ、水瓶座ラグナにとってのラグナロード期=土星期、頑張れそうだし、ストイックに突き進んでいけそうですよね。

牡羊座ラグナや蠍座ラグナの方だと、ラグナロードは火星ですので、火星期、アグレッシブに活動しそう、喧嘩っ早くなったりもしそうだし、集中力が高まりそうな時期。

双子座ラグナや乙女座ラグナの方だと水星期、研究など学びが深まりそうだし、情報発信や情報を受け取るという経験も増えてきそう。

射手座ラグナや魚座ラグナだと木星期、強い木星だと精神性に邁進しそうだし、減衰したり敵対星座に在住する木星期だったら現実面での進歩・達成へと向かっていく力になりそう。

獅子座ラグナの太陽期だったら公の仕事に就いたり、大きな組織との縁が出来て、そういった場で活躍しそう。

月期だと、子どもや老人の世話をしたり、主婦的な役目を果たしたりする機会が増えそうですが、月は無意識の領域であり、どちらかというと受け身になってしまいがちだけに、自分で目標設定したり自分から努力し続ける原動力にはなりにくい模様。好きか嫌いかとか、合うか合わないかといった感情的なレベルでジャッジしてしまいそうな危険性が孕んでいる月期ですね。

これは先日月期についてのダシャーを味わう会を開催して感じたことです。蟹座ラグナラグナロードの月期の人にどんな目標に向かっていくといいのか、というアドバイスをするなら…受け身である状態を楽しむってのも一つですね、ゲームのような感覚。

チャンスをつかみにいくというよりはやってきた運を活かす、感じるみたいな。そうすると自ずと徳を積むという方向にいく選択をすることも出来るし、欲に走るという選択も出来る、その結果が火星期にあらわれるのではないでしょうか。火星は蟹座ラグナにとってはヨーガカラカですから、どのハウスに在住していても強い時期になるはず。ここでは受け身で過ごすなんて出来ないでしょうし、自分から発信したり行動したりしていくはず。火星期にどう動きたいかっていうのもラグナロード月期を生きる指標になるのではないかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です