磨き上げていく、ブラッシュアップさせる乙女座の新月

2020年10月17日4時30分、乙女座で新月、9月に続き乙女座の新月です。

2020年10月17日新月図

乙女座を抜ける直前の新月です。同日太陽は天秤座へ入ります。ナクシャトラはチットラー、シンボルは真珠、鍛錬、訓練、磨く、光り輝かせるといった意味合いを持つナクシャトラ、芸術的なセンスや才能が豊かで、感性や個性など光るものが感じられる、鍛えれば鍛えるほどに美しさを増していく、細部に対するこだわりや真剣に突き詰めていく集中力などを象徴するナクシャトラです。

磨き上げていく力、集中力は対面の魚座の火星が高めている感がありますね。逆行する火星ですので、非常に緻密で細部にまで神経を行きわたらせて仕上げていくような力です。

新月の出来ている乙女座のお隣のハウス、獅子座に金星、天秤座に水星でスパーカルタリ状態にある新月、仲間や協力者に支えられているって感じがします。

先月9月17日の新月に続く二度目の乙女座の新月、先回手をつけたこと、やり切っていないことに再度取り組んでみたり、より深めてみたり、より良いものにブラッシュアップさせていくなどに良い新月ですね。14日から乙女座の支配星の水星が逆行開始しましたので振り返ってみるタイミングとしてはピッタリですね。

ブラッシュアップといえば、パンチャンガカレンダー手帳2021年版について色々試行錯誤している最中です。ナクシャトラやティティをより身近に感じてもらえるように、シンボルを再確認したり、イラストにしてもらったり、色んな方の協力でより良いものにしていこうとしています!

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です