新年度に向けての力強い歩み、獅子座の満月

2021年2月27日17時17分、獅子座で満月を迎えます。

2021年2月27日満月図

水瓶座中間地点の太陽の対面、獅子座の満月です。満月図のナクシャトラはプールヴァパールグニー、パールグニーは「果実」を意味します。シンボルはふかふかの高級なベッド、休息と回復を象徴し、人生における楽しみや喜びを享受する楽観的な質を持つナクシャトラです。創造力が豊かで美的センスが高く、芸術全般に深い縁があります。高いパフォーマンス力を持ち、大きな波を自ら創り出すようなパワーが感じられるダイナミックなナクシャトラであり、獅子座の満月です。王のサインである獅子座の満月ということで力強い歩み、意思の強さが感じられる満月です。先月の山羊座での惑星集中から水瓶座へと太陽&金星が移行し、火星も牡牛座へ。

引き続き、月はケーマドルマであり、孤高な感じはあるけれど、やはりチャンドラアディヨーガが出来ていますので人からの助け、支えが感じられますね。2月も終わりを迎え、緊急事態も徐々に解除の方向へと向かっており、充分な休息期間を経て、万全の態勢でもって、新学期、新年度に向かう、夏のオリンピックへ向かう力強い歩み、その一歩を踏み出すような感じでしょうか。満月図ではすべての惑星が順行しています、前進あるのみってとこでしょうか…

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です