ダシャーを味わう会~月期編2巡目~月期③

ヴィムショッタリダシャーを味わう会2巡目ですが、月期編をオンラインで、zoomにて開催しました。インド占星術の肝であるダシャー、ダシャーの王様であるヴィムショッタリダシャーの各ダシャーにフォーカスし、参加者の方々の体験談をお伺いするという会、2巡目の4回目です。

マハーダシャーで月期を経験されてきた方お二人にお話をしていただきました。私も月期生まれですので最初にお話ししました…といいながら5歳までなのでほぼ記憶にはございません。事実としては弟の誕生ぐらいですね。月期は、10年間ということでヴィムショッタリダシャーでは、最短のダシャーである太陽期の後に訪れ、月期10年の後には7年間の火星期へと流れていきます。

太陽期→月期への流れは仕事モード→気持ちや家庭モードへの変化ですね。月は一番早く動く衛星なので目まぐるしく変化していく時期でもあります。目標を決めてそこに向かっていく太陽期や火星期とはやはり方向性やメンタル面が違いますね。幼稚園から小学校にかけての学童期の月期は子どもらしさが満開、気まぐれだったり、学びであったり、自己表現であったり、おしゃべりなんかがテーマ。

チャンドラマンガラヨーガやガージャケーサリヨーガ、チャンドラアディヨーガ、ケーマドルマヨーガ、サンヤーシヨーガなど月に関わるヨーガは強力に作用するといいますが、そういうヨーガをお持ちの方にとっての月期はやはりヨーガの効果が顕著にあらわれる時期なんだなぁってことが感じられました。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

次回は火星期編、8月31日火曜日18時からの予定です。参加してみたいなと思われたら下記アドレスへメールください!
jyotish@mbe.nifty.com まで。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です