情報が錯綜しそうな双子座の新月、部分日食

2020年6月21日15時42分、双子座にて新月です。

2020年6月21日新月図

双子座の新月、日本では部分日食が見られます。インド北部や台湾などでは金環日食が起こります。この日食のナクシャトラはムリガシラー、シンボルは鹿の角、チャンドラ神が支配するナクシャトラです。
知的好奇心旺盛で俊敏、様々なことにアンテナを張り、探求していく、新たなことを発見し、広めていく道先案内人のような役目を果たすナクシャトラです。

ムリガシラーの支配星は火星、この新月には魚座に入ったばかりの火星がアスペクト、逆行する水星とコンジャンクトし、逆行する土星&木星は一つ前のサインからアスペクトしますので対面の射手座から新月にアスペクト。ということで金星以外のすべての星が絡む新月、日食です。

ナクシャトラがムリガシラーで良かった…という気もしますね、もしも、アールドラ―だったらかなり危険度が上がりそう…

この新月図(日食図)のラグナは天秤座、ラグナロードの金星は逆行して8室に在住するってのはあまり良くないですが、金星自体は定座の金星だし、無傷。日食に関わる双子座も9室、これは救いかも。

引き続き、逆行惑星が多いのは気になるところ、土星、木星、金星、水星が逆行中です。ただ、6月25日には、金星が順行へ。そして、6月30日には逆行木星が射手座へ戻ります。木星は減衰する山羊座よりは射手座の方がいいですね。

引き続き、地震や気候の変動に要注意です。水星が逆行し、乱れがちってことで、情報の錯綜、鉄道などダイヤの乱れなどに要注意、待ち合わせなどには余裕を持った行動をしましょう。スケジュールも詰め込み過ぎないで、ダブルブッキングや約束の反故や忘却なんてこともあり得ます。イラっとしたら負けと思って心にも余裕を。

梅雨に入りましたし、マスクが辛い季節になってきました。息苦しいなと思ったらマスクを外す勇気を!

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です