終焉を迎える、中断する、中断される_ケートゥ期⑦

ケートゥ期の意味合いといて、終焉を迎える、中断する、中断させられてしまう、というような意味合いがあります。

先日鑑定した方、アンタラダシャーケートゥ期で勢いに任せて仕事を辞めてしまったと言ってられて、うーん、ケートゥ期だからなぁ…と思ったのです。さもありなんって時期なので、あまり深く考えてみても仕方がない。

逆にここですぱっと終わることが出来て良かったとも言える。終わらせるという観点でもあと腐れなく終わらせることが出来る時期、それがケートゥ期とも言える

マハーダシャーがケートゥ期だと目標としていたことの達することが出来なくて、大いなる挫折を味わうということもあり、挫折→中断、終焉へと繋がってしまうこともある。

ただ、ケートゥ期の「終わり」「終焉」は終わって良かったと後から思うというケースも多々あるので、後悔するというよりは反省はするものの、前を向いて新たな流れに身を任せていくのがいいような気がする。

サンセット・一日の終わり

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です