晩年に、迎えるかもしれない太陽期③

昨日はダシャーを味わう会~太陽期編~を開催したのですが、私にとっては最も縁がないダシャーが太陽期なんですね。今回マハーダシャー太陽期を経験済み、経験中の方々にお話ししてもらったのですが、太陽期に縁がないってどうなんだろう!?ってふと思いまして、太陽期③を書いてます。

私のヴィムショッタリダシャーの始まりは月期、なので、グルッと一回りしないとマハーダシャーの太陽期って来ないんですよね。晩年の金星期20年を終えてやっと巡ってくる、かもしれない太陽期、それは109歳から始まる。

109歳って、ね。

人生120年なんて言ったけど、たぶん経験しないんじゃないかと思う。

太陽期を経験できないって…って考えると、公で活躍する場、機会がないのかもしれないな、私の人生には(笑)占い師なんて仕事は裏稼業だし、表舞台とは全く逆の日の当たらない立場…なんて自己卑下するつもりもないのだけど、それは現実。

ネイタルの太陽も敵対星座の隠れたハウスに在住しているし…日の当たらない人生、日陰の存在なのかもしれない。

それに、私はあまり目立ったり注目を集めたりするのが苦手なので、インド占星術っていう日本ではマイナーな占いで、細々と鑑定や講座をしてるってところが、私らしいっていえばらしいのかもしれないな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です