結婚の軸と結婚生活の軸_バランスが大事

恋愛や結婚についての相談でよくあるのが、程よい距離感で付き合うってことが難しいというような話しです。

もちろん恋愛ですから、好きという気持ちが強すぎて、ついつい愛情を注ぎ過ぎてしまう人と、どちらかというと愛情を受ける側の人というような関係になったり、いつもしゃべっている人といつも聞き役に回る人だったり、何かと不釣り合いが生じがちです。

付き合い始めはいいのだけど、深くなればなるほどに依存されたり、依存したりというもたれあいになってしまったり、はたまた深くなればなるほどに相手が豹変してしまう、厳しくなってしまうようなケースもありますね。

ストーカーのように相手の行動を逐一チェックしたり、俺の言うことを聞けというように、力ずくで相手を支配しようとしたり、支配下になったりなどなど。。。

どうすればいいのでしょうか?

と真剣に問われると、チャート上はなるほど…そんな感じになりそうだな…と思うことはあっても、じゃあどうすればお互いにとってベストな関係を育んでいけるのか、というとなかなか難しそう…というのが本音だったりする。

そこで、バランスが大事、ってことなんだけど。

傾けすぎない、思い込み過ぎない、期待しすぎない、というようなこと、主体は自分自身の人生であり、パートナーシップはその次の段階であり、優先順位が低い位置づけに留めておくのも一つかな。

出会いやお付き合いは1-7軸で観ますが、関係が深まって結婚生活や同居が始まると関係は2-8軸へと移行していき、2-8軸が傷ついてるとどうしても関係がこじれやすい、不満が生じやすいといったところです。

自己主張をあらわす火星やラーフ‐ケートゥ軸が絡むとなかなか難しい。

バランスが大事なんて言いながらなかなかバランスが取りにくく、言い過ぎたり、行き過ぎたりという関係になってしまったりする。

このあたりは私自身のテーマでもありますので、そのあたりにどのぐらい深く関わり続けるのか、それとも距離を置いていくのか、という点も含め、この人生をかけて取り組んでいく課題かなと思っています。

隠居生活・出家 vs お付き合いや恋愛
物質的な繁栄 vs 精神的な成長
過去生のカルマ vs 今生積んでいくカルマ

このあたりはインド占星術の世界観にも繋がる、深いテーマのようにも感じます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です