獅子座ラグナの方から感じる独特の存在感

先日はお二人の方の対面鑑定があって、お二人ともに獅子座ラグナで、かつ、お二人ともにラグナ&10室の絡みが強い、お一方はラグナロードの太陽が方角の力を得る10室在住、もう一人はラグナに10室支配星の金星が在住しているという。

獅子座ラグナの人にお会いする際は、ちょっと期待して臨むのだけど華やかな服装の人が多い気がする、華やかっていうのは原色だったり大判のプリント地だったりオレンジやピンクなど暖色系の色、先日の方はすごく綺麗なオレンジのワンピース姿の方だった。

こういうのが似合う方=獅子座ラグナって感じがする。

もちろんラグナの星座だけで人を判断するようなことはあってはいけないのだけど、華やかさ、存在感=獅子座ラグナっていうイメージがあって期待してしまう。

そうそう、もうお一方は服装は黒だったけど、3室&10室支配の金星がラグナに在住しているだけに、表現するために存在するような方だった、身体表現を仕事にしている方。

身体表現とかアイディアを形にするとかそういったことに携わっている方は、服装は黒だったりもしますね、獅子座ラグナの有名人と言えばスティーブ・ジョブズが思い浮かびますが、彼のトレードマークは黒のタートルネックにジーンズでしたね。
黒もやはり主張しているような気がしますね、服装に支配されたくないという思い、服装を超えてにじみ出る独特の個性のようなものを。

思い込みはいけないけど、チャートを検討しながら、色々予測を立ててみて、お会いするのは楽しいですね!

なるほど、と思う要素と、ちょっと疑問と感じることなどいろいろ伺いながら、確かめながら話を進めていきます。このあたりはD9ナヴァムシャとの兼ね合いなども大きく影響している気がします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です