ラーフ-ケートゥ軸が移動しました!

2020年9月20日、トランジットのラーフ-ケートゥ軸が、双子座-射手座の軸→牡牛座‐蠍座の軸へ移動しました。これによって、双子座、射手座ラグナの方はホッとするでしょう。逆に蠍座-牡牛座に太陽、月、アセンダント、ダシャーロードが来ている方は覚悟を決めて、何かしら変化に直面したり周りに巻き込まれる、ストレスがかかる、という可能性があります。

2020.09.20トランジット図

ラーフ-ケートゥ軸とは、太陽の軌道と月の軌道の交点です。約一年半で一つの星座を移動し、約18年で12星座を移動します。これらほぼ逆行します。(たまに順行で動くこともあり)今回は射手座のケートゥ→蠍座へ、双子座のラーフ→牡牛座へという移動になります。
ラーフ‐ケートゥというのは交点ですが、影響力はたいへん強いと言われます。ラーフ-ケートゥの影響下にある惑星は傷ついたり、影響を受けたり、不安定な様相があらわれてしまいますので要注意です。また、ダシャーがラーフ、もしくはケートゥ期の方も要注意。

ちなみに、ここ10年のラーフ-ケートゥの動きですが、下記の通り。

2009年11月3日 Ra:射手座 Ke:双子座
2011年5月3日 Ra:蠍座 Ke:牡牛座
2013年1月14日 Ra:天秤座 Ke:牡羊座
2014年7月14日 Ra:乙女座 ke:魚座
2016年1月9日 Ra:獅子座 ke:水瓶座
2017年9月9日 Ra:蟹座 ke:山羊座
2019年3月23日 Ra:双子座 ke:射手座


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です